回復体位

回復体位
 意識は無いが、十分な呼吸をしている場合には、吐物等による窒息(気道閉塞)を防ぐため、傷病者を回復体位にします。
 まず、下顎を前に出し、両肘を曲げ、上側の膝を約90度曲げ、傷病者が後ろに倒れないようにします。この体位で舌根沈下(舌が気道を塞ぐ)や吐物の肺内誤嚥(吐物が気管を塞ぐ)を防ぐことが出来ます。この時に、口腔内に異物があれば、口の中に指を入れ、下側の口角引き下げると、口腔内の液状物は流出します。 

※頸椎損傷が疑われる場合は適用外です


問い合せ先・担当窓口

消防組合西興部支署

  • 電話番号:0158-87-2537
  • FAX番号:0158-87-2633

最終更新日:2016年08月19日

発信元: 消防組合西興部支署