停電時のNCN放送

災害時に慌てないよう普段からの準備が重要です。

停電時のNCN放送について

 平成16年9月に発生した台風18号の時には、一部地域を除き、約28時間の停電が続きました。
その間、「どうして緊急告知放送での情報告知がなかったのか。」との質問がありましたが、停電になった場合、IT夢館電源バックアップ機能(発動発電機)が自動起動し、電源供給は維持されますが、一般家庭等においては停電となり、よって光システムが機能しないため告知放送等できない状態となるためです。 

テレビ、音声告知放送、インターネット等

 IT夢館には、電源のバックアップ発電機があり、電源停止時には自動運転により、情報システム機器は継続して稼働となりますが、一般家庭においては通常停電となるため、テレビや音声告知放送サービスは利用できなくなります。なお、インターネットについては、各自がフレッツ光サービスに加入・利用する形態となっておりますので、利用会社にお問い合わせ願います。

固定電話

 平成25年度に実施した村内TV・電話設備等光伝送路システム更改工事により、電話設備及び同事業については東日本電信電話株式会社へと完全分離しました。また、個人でブロードバンドサービスに加入されている方については光電話となっています。したがって電話サービス等についてはお手数ですが、東日本電信電話株式会社にお問い合わせ下さい。

携帯電話

携帯電話アンテナ鉄塔の予備バッテリーは10~15時間程度保つものが使用されています。

ラジオ放送

NHKラジオ第1・第2とも屋外であれば、受信は可能です。

受信チャンネル
  • 江別局 第1  567kHz  第2  747kHz
  • 名寄局 第1  837kHz  第2 1125kHz
  • 網走局 第1  1188kHz 

※家屋等、建物内での受信は聞きづらい状況にありますが、ラジオの向きをかえたり、設置場所を動かすなど、比較的聞きやすい場所を探してみてはいかがでしょうか。 

問い合せ先・担当窓口

マルチメディア館 IT夢 (企画総務課)

最終更新日:2017年07月11日

発信元: マルチメディア館 IT夢 (企画総務課)