komu

home

news

usage guidance

about us

floorguide

access

craftshool

woody school

展示作品募集

komufund

blog

mokuiku

 

 

 ■森の美術館「木夢」について

  森の美術館「木夢」は、故・伊藤英二前館長が製作した作品と、前館長が設計や監修した大型

 壁面遊具、滑り台、木の砂場、トイシアター「木夢の島」などを備えた全天候型の屋内木の遊園

 地として、1997(平成9)年、4月に開館しました。

  伊藤英二さんが設計し、作った木のおもちゃは、どれも「ストロング(丈夫であること)」、

 「シンプル(子どもの目線に立ち、構造がたんじゅんであること)」、「セーフティ(安全性が

 高いこと)」であるという「3S」の考えに基づいています。そしてなにより、木のおもちゃで

 遊ぶ子どもたちの笑顔を思いながら、心をこめ手間ひまかけて作られたものなのです。手に取り

 、触れ、遊び、考え、木の温もりと手作りの優しさを確かめていただければ幸いです。

 

 ■木のおもちゃ作家 伊藤 英二 さんのプロフィール

  ・1932年 北海道留辺蘂町に生まれる

  ・1974年 文部省海外研修に派遣(オーストラリア他)

  ・1975年 東ヨーロッパ芸術教育シンポジウムに参加

  ・1977年 留辺蘂中学校障害児学級担任教師

  ・1982年 おもちゃの家「とい工房設立」

  ・1990年 中学校教師を退職

         1992年コム博(札幌)に「木夢の島」を出展

         北欧4か国(デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ドイツ)の木の

         玩具作家を訪問研修(北海道から派遣)

         北海道教育大学旭川・釧路校の非常勤講師

  ・1993年 アメリカ西海岸の木工作家を訪問視察

  ・1996年 久留米、福岡、横浜で展示会

         96北のくらし大賞奨励賞受賞(読売新聞社より)

         西興部村「森の美術館 木夢」監修

  ・1997年 西興部村「森の美術館 木夢」館長

  ・1998年 ドイツおもちゃの里ザイフェン及び東ドイツを研究視察

         「つくろう あそぼう木のおもちゃ」北海道新聞社より発行

  ・2000年 子どもたちに木のおもちゃづくりの指導をするためベトナムへ

  ・2002年 1990年より全国各地(100か所以上)にて展示会を開催中

  ・2005年 北海道地域文化選奨12/11

  ・2005年 「もりのゆりかご体感事業・木の遊園地」

  ・2006年 全道12か所に出展

  ・2007年 西興部村「森の美術館 木夢」館長として、

         第6回北のみらい奨励賞受賞(北海道新聞社より)

  ・2012年 2月22日永眠(享年80歳)

 ■過去の森の美術館「木夢」HP

 

komu

 【お問い合わせ】

  ■住所:〒098-1501 北海道紋別郡西興部村字西興部276番地

  ■Fax : 0158-88-5134

  ■Tel : 0158-87-2600

  ■Email:ni.komu@vill.nishiokoppe.hokkaido.jp

            森の美術館「木夢」